ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • のたり松太郎(6)

  • のたり松太郎(6)

電子書籍版

のたり松太郎(6)

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    EPUB3.0(追加なし)
  • ページ数
    242
  • デジタルコンテンツタイトル名
    のたり松太郎
  • ISBN
    978-4-09-180076-3
  • 発売日
    2017年12月01日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

550 (税込:594

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!

    ▼第1話-面接の日▼第2話-帰ってきた二人…▼第3話-可愛がられるのは、どっち!?…▼第4話-傷だらけの復帰▼第5話-珍客到来▼第6話-松の功より年の功▼第7話-相撲列車▼第8話-通天閣の灯▼第9話-お二人さん、ご案内ーっ!!▼第10話-誰が為に鐘は鳴る▼第11話-よみがえる悪夢 ●登場人物-坂口松太郎(雷神部屋の幕下付出し。初場所を全勝優勝で飾る)。田中清(序ノ口。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)。西尾留次(松太郎の故郷での知り合い。廃坑の石炭掘りで生計を立てる変わり者)  ●あらすじ-田中の郷里で過ごす松太郎。田中の相撲へかける意気込みを知るにつれ、さすがの松太郎も徐々に心を動かされていく。一方の田中は、自分の不始末が原因なので、松太郎を置いて自分ひとりが部屋へ戻るつもりはないと言う。さらさら部屋へ戻る気はなし、かといって田中を捨ておくこともできず、柄にもなく悩む松太郎だが……(第1話)。▼結局は、雷神部屋へ出戻ることにした松太郎と田中。だが、飛びだした二人を部屋が温かく迎えるはずもなく、待つのは兄弟子たちの地獄のしごきか!?(第2話)  ●本巻のハイライト-兄弟子のしごきで満身創痍になりながらも、復帰戦を勝利で飾る松太郎(第4話)。なお本巻では、故郷・長崎での悪友的存在「西尾のじいさん」が、レギュラーメンバーとして物語に再登場する(第5話)。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ビッグコミックス
掲載誌 ビッグコミック
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • のたり松太郎(6)
  • のたり松太郎(6)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中