ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • イアラ短編シリーズ(2)ドアのむこう

  • イアラ短編シリーズ(2)ドアのむこう

電子書籍版

イアラ短編シリーズ(2)ドアのむこう

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2002年08月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(追加なし)
  • ページ数
    312
  • デジタルコンテンツタイトル名
    イアラ短編シリーズ
  • ISBN
    978-4-09-192595-4
  • 発売日
    2017年12月01日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

550 (税込:594

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ▼第1話-傷▼第2話-ほくろ▼第3話-耳▼第4話-ドアのむこう▼第5話-砂▼第6話-衣▼第7話-螺旋階段▼第8話-夏の終わり▼第9話-目▼第10話-こがらし●あらすじ-まじめで心優しい少年・正男は、温泉宿で働く仲居の娘・愛子といつも一緒に下校する毎日。だがある日、ふたりの帰りを年上の良太郎が追いかける。この良太郎は、愛子の母が働く「かじか荘」のひとり息子。良太郎は、正男が別れたのを見計い、人気のない道で愛子に乱暴しようとする…! そして、胸騒ぎを感じて戻ってきた正男を、良太郎は崖下に突き飛ばしてしまった。なんとか一命をとりとめた正男だが、その胸には一生治らない傷あとが…(第1話『傷』)。●本巻の特徴-何もかも平凡な中年男の唯一の特徴は、目の下の大きな「ほくろ」。ある日、男はほくろに神経を集中させると、顔が別人のように変わることを発見して…(『ほくろ』)。狂おしいまでに夫を愛するゆえに、妻の猜疑心は深まっていく。ついに夫を尾行した妻が見たものは、見知らぬ家へと入っていく夫の姿だった…!!(『ドアのむこう』) 楳図怪奇浪漫の原点ともいえる貴重な作品の数々が、ついに文庫版で蘇る! あなたには、この恐怖の世界を覗く勇気がありますか……?

    狂おしいまでに夫を愛するがゆえ、妻の猜疑心は深まっていき、ついに悲劇が…恐怖の愛情を描いた10話を収録!

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
掲載誌 ビッグコミックスピリッツ
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • イアラ短編シリーズ(2)ドアのむこう
  • イアラ短編シリーズ(2)ドアのむこう

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中