ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • のたり松太郎(18)

  • のたり松太郎(18)

電子書籍版

のたり松太郎(18)

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    1984年11月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(追加なし)
  • ページ数
    242
  • デジタルコンテンツタイトル名
    のたり松太郎
  • ISBN
    978-4-09-180228-6
  • 発売日
    2017年12月01日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

550 (税込:594

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!

    ▼第1話-帳尻▼第2話-コンパチ▼第3話-大銀杏の帰郷▼第4話-我が家でチャンコ▼第5話-キヨスのペース▼第6話-ビデオ作戦▼第7話-物言い(ものいい)▼第8話-激励会▼第9話-田中の決意▼第10話-田中のひとこと▼第11話-スポーツドリンク ●登場人物-坂口松太郎(伊勢駒部屋の力士。田中の十両昇進に発奮、ついに本領発揮なるか!?)、田中清(ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に。長年の努力が実り、ついに十両昇進)、西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)、伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)、島田先生(松太郎の中学時代の恩師)  ●あらすじ-ついに念願の十両を獲得し、この東京場所でも、9勝6敗と絶好調の田中。一方の松太郎は、あいもかわらず千秋楽を7勝7敗で迎える。ここで負け越せば、番付の地位が田中と逆転することに……(第1話)。▼これまで、髪形はリーゼントにこだわってきた松太郎。しかし、田中の「付っ人」に間違われたことから、ようやくマゲを結うことに!? 駄々をこねる松太郎に、「試しに結ってもらえ」と勧める親方。しかし、マゲを結うには、頭のてっぺんを剃り落とさなければならず……(第2話)。  ●本巻のハイライト-6勝4敗と、なかなかの成績で九州場所の中日(なかび)を迎えた松太郎。しかし一向に関取としての自覚が足りない松太郎は、場所中というのに、よからぬ場所からの朝帰りをする。部屋から初の幕内力士誕生か、という親方の夢もむなしく……(第8話)。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ビッグコミックス
掲載誌 ビッグコミック
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • のたり松太郎(18)
  • のたり松太郎(18)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中