ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「走り」の偏差値を上げる マラソン上達ノート

  • 「走り」の偏差値を上げる マラソン上達ノート

電子書籍版

「走り」の偏差値を上げる マラソン上達ノート

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    「走り」の偏差値を上げる マラソン上達ノート
  • 発売日
    2017年12月01日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,350 (税込:1,458

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    フルマラソンが速くなりたいランナー
    トレーニング計画を自分で組み立てる方法
    忙しい中で効率よく練習したい社会人
    本番レースで自己ベストを更新したい
    走りの知識を上手に取り入れたい
    最小の努力で最大限の結果を得たい


    記録が伸びないのは努力が足りないからじゃない!
    がんばり方を間違えていただけ。「走り」の偏差値を一気に上げる! 新マラソンメソッド

    市民ランナーのカリスマ・松本翔氏を著者に、本書ではマラソン練習をがんばっているのに
    なかなか記録が伸びない、結果が思うように出ない人たちのために、“自分で考えて練習すること”を
    繰り返しながら見つけた「自己ベスト更新のためのヒント」を紹介していきます。

    練習の「プランニング力」「レースのマネジメント力」は、マラソン成功のためには欠かせない要素。
    自分自身をどれだけ分析できるかによって、練習やレースで起こりうることを事前に予測して、
    それに対する準備を行えるのがマラソンで結果を出している人に共通していることなのです。

    マラソン練習は、やみくもにしても報われるものでは決してありません。
    本書では、努力には「やり方」「実らせ方」の方法論があることに気づいた著者が、
    記録を伸ばしたいランナーに必要な思考法、実際のトレーニングのコツ、目標別のトレーニングメニューを紹介。
    本書のトレーニングで「走り」の偏差値を一気に上げることで、レースでの結果が必ずついてきます!


    確実にタイムが縮む! 自己ベスト更新のための新マラソンメソッドを詳細解説
    1.自分の走りを「自己分析」
    2.練習メニューを「プランニング」
    3.状況に応じた「思考の切り替え」
    4.レース当日までの「的確な準備」
    5.結果を残すための「レースマネジメント」

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 「走り」の偏差値を上げる マラソン上達ノート
  • 「走り」の偏差値を上げる マラソン上達ノート

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中