ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 古布を着る。

  • 古布を着る。

電子書籍版

古布を着る。

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2017年12月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    112
  • デジタルコンテンツタイトル名
    古布を着る。
  • ISBN
    978-4-07-425113-1
  • 発売日
    2017年12月01日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,512 (税込:1,633

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    60代女性作家ユニットがつくり出す古布の1点ものが、
    多くの人を魅了している。
    全国の骨董市を巡って収集した、
    味わい深い襤褸(らんる)と呼ばれる古布を材料に、
    服、バッグ、帽子、ストール、エプロンなどを手づくり。
    昔の人が生活の中で大切に使い続けた着物や野良着、
    半纏(はんてん)、蚊帳(かや)、布団がわ、米袋、酒袋、角袋などは、
    薄くなったり、破れたところを繕っては使い、また繕っては使い続け、
    その繕い跡が美しい意匠のようになっている。
    また、法被(はっぴ)、幟旗(のぼりばた)、
    花嫁道具に掛けられた大風呂敷など
    晴れの日の布はそのキレのあるデザインが新鮮。
    それらの布の魅力を最大限活かして手づくりされる作品には、
    他にない希少性と、パワーがある。
    手仕事のぬくもりや、主に紺(藍染め)と
    ブラウン(柿渋染め)が中心の
    洗練された二人のセンスも人の心を引きつける。
    自分にぴったりのこだわりの一着を探している人、必見。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 古布を着る。
  • 古布を着る。

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中