ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ブックデザイナー鈴木一誌の生活と意見

  • ブックデザイナー鈴木一誌の生活と意見

電子書籍版

ブックデザイナー鈴木一誌の生活と意見

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2017年07月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    376
  • デジタルコンテンツタイトル名
    ブックデザイナー鈴木一誌の生活と意見
  • ISBN
    978-4-416-61776-2
  • 発売日
    2017年11月17日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

2,500 (税込:2,750

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 生活者そして知識人としてのデザイナー12年間のクロニクル。

    長年にわたりブックデザイナーとして活動し、デザイン、写真、映像についての批評でも知られる著者が、2005年から2016年までの12年間にわたって日常や社会の諸相に巡らせた思索の軌跡。
    『at』『atプラス』『市民の意見』『十勝毎日新聞』という三つの媒体に寄稿した連載エッセイと読書アンケートを中心に収録する。
    経済や情報のグローバル化を背景に、人々の価値観や公共性の枠組みが大きく変容していった時期に書かれたこれらのエッセイは、出版にかかわるデザイナーならではの同時代批評であり、デザインについて語らないデザイン論でもある。
    市場経済のデザイン言語から離れ、私たちの足下から立ち上がる思考の地平。

    「カラーのプレゼンをチョイスするだけの編集者は、編集者なのではなく消費者なのだと思う。(中略)
    ひとは消費者であってはいけないと思う。むろん、ひとは消費者でなければ生きていけない。
    消費者でありながら消費者であることをヤンワリと拒む生き方を探したい。」
    (本書所収「かしこい消費者」より)

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • ブックデザイナー鈴木一誌の生活と意見
  • ブックデザイナー鈴木一誌の生活と意見

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中