ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • スティール・キス

  • スティール・キス

電子書籍版

スティール・キス

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2017年10月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    536
  • デジタルコンテンツタイトル名
    リンカーン・ライム
  • ISBN
    978-4-16-390744-4
  • 発売日
    2017年10月30日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

2,038 (税込:2,241

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 名探偵リンカーン・ライムが刑事事件の捜査から撤退。
    連続殺人鬼「未詳40号」をアメリア・サックスは単身追うが――

     殺人犯を追跡中のアメリア・サックスの目の前で、エスカレーターが通行人を巻き込んだ! アメリアの必死の救助活動もむなしく男は死亡、殺人犯「未詳40号」も逃走してしまった。
     ある事件をキッカケにリンカーン・ライムがニューヨーク市警の顧問を退いた今、アメリアはライムの助力を得られず、その教えに沿って捜査をつづけるほかなかった。
     一方ライムは、エスカレーターで死亡した男の妻から民事訴訟のために事故を調査してほしいとの依頼を受ける。ライムの弟子として働き始めた車椅子の元疫学研究者ジュリエット・アーチャーを交え、調査が開始される。なぜエスカレーターは不具合を起こしたのか。そもそもこれは事故なのか。犯人追跡のさなかに事故が起きたのは偶然なのか?
     そして「未詳40号」ことヴァーノンが物陰からそっと眼を光らせる。自分を追う女刑事アメリア――殺人計画を完遂するためには、あの女刑事を阻止しなくてはならない……。
     日常の道具を凶器に変える殺人者。鉄壁のパートナーシップが揺らぐ中、名探偵ライムと刑事アメリアは犯人を捕らえることができるのか。
     ドンデン返しの魔術師の名シリーズ、第12作。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 文春e-book
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • スティール・キス
  • スティール・キス

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中