ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • PS-羅生門-(8)

  • PS-羅生門-(8)

電子書籍版

PS-羅生門-(8)

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2005年05月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(追加なし)
  • ページ数
    224
  • デジタルコンテンツタイトル名
    PS-羅生門-
  • ISBN
    978-4-09-186628-8
  • 発売日
    2017年11月02日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

550 (税込:594

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ▼第1話-立て籠る男(前編)。▼第2話-立て籠る男(後編)。▼第3話-扉の向こう側。▼第4話-孤独な闘い(前編)。▼第5話-孤独な闘い(後編)。▼第6話-留美の帰還。▼第7話-迷いの時。▼第8話-河の中の捜索(前編)。▼第9話-河の中の捜索(後編)。●主な登場人物-紅谷留美(東都警察署刑事課に配属された女性刑事。夫を亡くし、一人息子を育てている)、黒田勘太(警部補。東都警察署の刑事で、留美とコンビを組んでいる)、町田(黒田の後輩の刑事。周囲の人望厚く、留美とも親しい仲?)●あらすじ-カッターナイフを片手に、コンビニにやって来たひとりの男。無表情のままレジの女性に刃を向け、店員2人を人質にして立て籠りを始めた。通報を受け現場に駆けつけた留美たちは、犯人の特定と並行して人質に関する聞き込みを開始する。一方、何の要求も出さず、虚ろな眼で外を眺めるだけの犯人は、人質に対して「世の中が変だと思ったことありませんか?」とつぶやいて…(第1話)。●本巻の特徴-日々起こる犯罪に、人のあり方、そして罪とは何かを問う警察署物語!! 重厚な前後編を、3編も収録!!●その他の登場人物-吉見(東都警察署刑事課長)、紅谷陽平(留美の息子。保育園児)

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ビッグコミックス
掲載誌 ビッグコミックオリジナル
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • PS-羅生門-(8)
  • PS-羅生門-(8)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中