ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 国鉄青春日記 昭和車掌の“人情”物語

  • 国鉄青春日記 昭和車掌の“人情”物語

電子書籍版

国鉄青春日記 昭和車掌の“人情”物語

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2017年09月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(追加なし)
  • ページ数
    160
  • デジタルコンテンツタイトル名
    国鉄青春日記 昭和車掌の“人情”物語
  • ISBN
    978-4-635-82015-8
  • 発売日
    2017年10月06日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,200 (税込:1,296

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 檀上完爾が復員後、国鉄に勤めはじめた16歳、東北本線水沢駅での体験から始まる、貴重な鉄道人生を描いた青春日記。
    踏切警手見習いから、普通列車車掌、優等列車車掌、広報課へと歩んだ著者の国鉄人生が、温かな人情物語とともに刻まれています。そのほか運行中の特急列車車中で起こったエピソードを描いた「特急車掌の物語」、ブルートレインブームの時代のできごとをまとめた「ブルートレイン黄金時代」など、古き懐かしき昭和の国鉄物語がもりだくさんの1冊です。

    第一章 私の国鉄青春日記 16歳、初めての国鉄勤務は水沢駅だった/踏切警手40年、人生のほろ苦さを知る/新前車掌、“泣きマル”に救われる/女性客を守った、勇気ある戦後の女性車掌/山田線の夜行貨物列車、ある深夜のできごと/第二の故郷、東北。温かな人情に惚れる/脱線事故と殉職機関士の両親の思いやり/武田信玄に心酔した中央線名物“信玄車掌”/湘南電車に乗務。毎日が楽しかった/荷物室で、リキドウザンとにらみ合う!?/普通車掌から荷物専務車掌になる/ふるさと三鷹で起きた二大事件/はじめて投稿したのは、水沢駅の思い出だった/沼津行の列車内で女の子が倒れた/こっそり2等車に乗っていた名横綱栃錦/夫婦そろって汽車乗り家業。「こんにちは」「さようなら」が小説に/15年間の現場勤務から広報課へ転勤/乗客の安全確保の命を懸けた職員がいた/ほか

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 国鉄青春日記 昭和車掌の“人情”物語
  • 国鉄青春日記 昭和車掌の“人情”物語

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中