ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「12の定石」で身につく 筋の良い序盤の打ち方

  • 「12の定石」で身につく 筋の良い序盤の打ち方

電子書籍版

「12の定石」で身につく 筋の良い序盤の打ち方

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    224
  • デジタルコンテンツタイトル名
    「12の定石」で身につく 筋の良い序盤の打ち方
  • ISBN
    978-4-8399-6430-6
  • 発売日
    2017年09月22日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,272 (税込:1,374

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    基本定石で碁の1から10まで学べる本!

    「ツケヒキ定石は場合の手?」
    誰もが知っているツケヒキ定石。しかしそれは、隅だから成立する、また、互角になる「場合の手」なのです。

    ・隅だから成立する
    ツケたときに、オサえずにハネ出される可能性が大いにある

    ・隅だから互角になる
    ツケヒイた形は効率の悪い形であり、隅の地を確定できるという、明確な利点があるから互角である

    誰もが当たり前のように打っている定石でさえ、意外に奥が深いことが分かります。

    「定石は手筋の宝庫」という言葉があるように、定石としてだけでなく、手筋や石の形といった碁の基礎力を磨くことのできる教材ですが、手の意味を正しく理解することが必要なのです。

    本書では、基本定石を題材に、その手順を一つ一つやさしく噛み砕いて説明することで、いろいろな場面で応用できる知識を身につけることができます。

    著者は横田茂昭九段。独特の囲碁理論と歯切れ良い解説で、アマチュア大満足の一冊となっています。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 囲碁人ブックス
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 「12の定石」で身につく 筋の良い序盤の打ち方
  • 「12の定石」で身につく 筋の良い序盤の打ち方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中