ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 依田流アルファ碁研究 ―よみがえる、呉清源・道策

  • 依田流アルファ碁研究 ―よみがえる、呉清源・道策

電子書籍版

依田流アルファ碁研究 ―よみがえる、呉清源・道策

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2017年08月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    304
  • デジタルコンテンツタイトル名
    依田流アルファ碁研究 ―よみがえる、呉清源・道策
  • ISBN
    978-4-8399-6299-9
  • 発売日
    2017年08月25日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,968 (税込:2,125

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    今、盤上によみがえる、歴戦の強者

    2016年末から年明けにかけて囲碁A「Master(アルファ碁)」が世界のトップ棋士相手に60連勝を飾り、大きな話題になりました。そんな中、「Master」の打ち筋と似ていると、スポットライトがあたった二人の棋士がいます。

    江戸時代の棋聖「本因坊道策」、昭和の碁聖「呉清源」。肩ツキに代表される具体的な手法だけではなく、石運びの柔軟さ、相手の勢力圏でのサバキ、全局で局面を捉える視点、人間離れした着想など、碁に対する考え方にも多くの共通点があります。

    本書では、序章でアルファ碁の特徴に触れ、1章でアルファ碁(Master)、2章で呉清源、3章で本因坊道策の碁を解説していきます。終章では、「アルファ碁」として打たれた碁を取り上げており、5月に公開された自己対戦譜も3局解説しています。

    著者は、依田紀基九段。自身がトップ棋士であるのに加えて、古碁とAIの碁の研究にも余念がなく、独自の視点から述べられる明快な解説は必見です。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 囲碁人ブックス
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 依田流アルファ碁研究 ―よみがえる、呉清源・道策
  • 依田流アルファ碁研究 ―よみがえる、呉清源・道策

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中