ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記

  • 母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記

電子書籍版

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2017年08月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    272
  • デジタルコンテンツタイトル名
    母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記
  • ISBN
    978-4-8222-5945-7
  • 発売日
    2017年08月03日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,300 (税込:1,404

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ある日、母が認知症を発症した――。息子(50代独身男)は戸惑い、狼狽する。
    母と息子。たった2人の奮闘記が始まる。男一匹、ガチンコで認知症の母と向き合った。

    本書を執筆したのは、科学ジャーナリストの松浦晋也です。
    男性、50代。実家に母と同居しながら、気ままな独身生活がこの先も続くと信じていました。
    ところが、人生を謳歌していたはずの母親が認知症を患います。
    母の様子がおかしいと気がついたのは、「預金通帳が見つからない」と言いだした時のこと。
    誰だって、自分が確立した生活を崩したくないもの。様子がおかしいと認めなければ、それは現実にはなりません。
    そんな甘い意識から見逃した母の老いの兆候は、やがてとんでもない事態につながっていきます。
    初動の遅れ、事態認識の甘さ、知識、リソースの不足…。
    認知症の親の介護について描かれたノンフィクションストーリーはたくさんありますが、
    「50代・独身・男性」が1人で母の介護に向き合うケースはまれでしょう。
    認知症・母の介護を赤裸々かつペーソスと共に描いたノンフィクションストーリー。是非、ご覧くだい。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記
  • 母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中