ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ぼくのアッコ

  • ぼくのアッコ

電子書籍版

ぼくのアッコ

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2017年02月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    38
  • デジタルコンテンツタイトル名
    ぼくのアッコ
  • ISBN
    978-4-8354-5435-1
  • 発売日
    2017年08月04日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

900 (税込:972

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    書庫の奥に埋もれていた、大海先生が発表の予定もなく制作した初期の作品。
    しかも発見したのは、大海先生夫人(アジサイさん)である。
    推定される創作時期は1960年代。
    まだ「小学二年生」誌に作品が掲載される前くらいだろうか。
    もちろん「クロイヌ家具店」や「ビビを見た!」の制作以前だ。

    2016年10月、アジサイさんから「大海のこんな作品がみつかったのですが…」という連絡があった。
    作品を見て、そこに込められた髪の毛が逆立つような不条理に復刊ドットコムの社長も担当者もぶっ飛んだ。
    「これが『クロイヌ』や『ビビ』の悪夢のタネなのか!!」

    物語は公園のベンチにぽつんと置かれたバッグの「アッコ」に「ぼく」が出会うところから始まる。
    「アッコ」を巡って次々に現われる恋敵たちへの激しい嫉妬と屈辱。
    「アッコ」はすべてをただ静かに飲み込んでしまう。「ぼく」は「アッコ」とどう対峙すればいいのか。
    大海先生の創作の原点を解き明かす、ファン待望の絵本。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • ぼくのアッコ
  • ぼくのアッコ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中