ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編:地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

  • 台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編:地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

電子書籍版

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編:地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2017年06月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    144
  • デジタルコンテンツタイトル名
    台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編:地元っ子、旅のリピーターに聞きました。
  • ISBN
    978-4-416-61701-4
  • 発売日
    2017年07月07日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    台湾はグルメの宝庫!
    小籠包、魯肉飯、カキオムレツ―美味なるものが目白押し。
    しかし! 実は台湾は「甘味の宝庫」でもあるんです。

    滑らかさと優しい甘さが人気の豆腐系スイーツ「豆花」、 今や戦国時代、おいしい&かわいいであふれる「パイナップルケーキ」など定番の“甘いもの”はもちろんのこと、日本人の間ではあまり知名度はないものの、地元っ子たちが昔から愛する甘味がまだまだ存在しているのです。

    中には正直「これ、食べるの……?」というビックリ味なものもありますが、美容効果が高かったり、健康にいいと思われていたりしていてそうした背景を知ると、なんだか味わい深く感じてしまいます。

    大好きなお菓子を毎日買いに来るおじいちゃんや、仕事帰りにカウンターで甘味をチャージするお姉さん、背中を丸めて大きなかき氷を黙々と食べるおじちゃんに、おやつ時に名物サンドイッチを爆買いするおばちゃん―台湾の人々を見ていると、甘いものの愛され具合がビンビンと伝わってきます。

    そんな、現地の人たちの“日常的な甘味”をライブ感たっぷりの写真と解説でお届けします!

    おまけに、地元っ子激アツ推薦!「この店のこれ食べて!」やバラマキ土産コレクションと簡単ラッピングアイデア、豆花のトッピング解説なども。

    さあ、まだ見ぬ“台湾 甘味の旅”へ歡迎光臨!

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編:地元っ子、旅のリピーターに聞きました。
  • 台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編:地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中