ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 歌、楽器、ダンスが上達! リズム感が良くなる「体内メトロノーム」トレーニング

  • 歌、楽器、ダンスが上達! リズム感が良くなる「体内メトロノーム」トレーニング

電子書籍版

歌、楽器、ダンスが上達! リズム感が良くなる「体内メトロノーム」トレーニング

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2017年05月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    176
  • デジタルコンテンツタイトル名
    歌、楽器、ダンスが上達! リズム感が良くなる「体内メトロノーム」トレーニング
  • ISBN
    978-4-8456-3048-6
  • 発売日
    2017年06月09日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    全年齢対象、誰でもリズム感が良くなるゲーム感覚トレーニング

    ダンスする時、カラオケなどで歌う時、楽器を弾く時、特に重要なのが「リズム感」。リズム感が良くなると音痴も改善されます。スポーツや語学でもリズム感は大切だと言われています。何歳からでもリズム感は上達できます。ドラマーである筆者が有名ミュージシャンの言葉や自身の経験から実感した、リズム感を鍛える良い練習が「1、2、3、4などのカウントを歌いながら演奏する方法」。リズムの基本となる4分音符のリズム(1、2、3、4)を常に意識できるようになると、歌、演奏、ダンスは格段に上達するからです。ダンサーの方は「1、2、3、4」の1セットを2回繰り返して「1、2、3、4、5、6、7、8」と数えながらやっても良いでしょう。その練習方法の効果的なパターンを「体内メトロノーム」トレーニングとしてまとめたのが本書です。特別な道具はいらない「カウントを歌いながら、さまざまなタイミングで拍手」する方法ですで、いつでもどこでもできます。徐々に「1、2、3、4」の間を多様にとらえた難度の高いカウントも出てくるので、脳トレーニングや音ゲー感覚で楽しみながら挑戦できます。リズム感に重要な「ウラ拍」も自然に身につきます。このトレーニングをしていくと、同時に複数の音を聞き分ける力も向上します。カラオケ、共演者、バックトラックの音をしっかり聞く余裕が生まれるのです。

    さぁこの本を使って、「揺るがないリズム感=体内メトロノーム」を身につけましょう!

    *この電子書籍に対応した全音源は、リットーミュージックのウェブサイト(http://www.rittor-music.co.jp/e/furoku/)から無料でダウンロードできます。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 歌、楽器、ダンスが上達! リズム感が良くなる「体内メトロノーム」トレーニング
  • 歌、楽器、ダンスが上達! リズム感が良くなる「体内メトロノーム」トレーニング

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中