ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本の食べ物、英語で言うと?食べ物に見る異文化交流!10分で読めるシリーズ

  • 日本の食べ物、英語で言うと?食べ物に見る異文化交流!10分で読めるシリーズ

電子書籍版

日本の食べ物、英語で言うと?食べ物に見る異文化交流!10分で読めるシリーズ

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    日本の食べ物、英語で言うと?食べ物に見る異文化交流!
  • 発売日
    2017年06月09日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

299 (税込:323

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • さっと読めるミニ書籍です(文章量9,000文字以上 10,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の18ページ程度)

    【書籍説明】
    日本の食べ物として、我々は日々当たり前のようにそのおいしさを享受している。
    だが、いざそれらを英語で表現するとなると、辞書なしでは難しいかもしれない。
    本書では、日本に暮らす人々に、当たり前のものとして受け入れられている食べ物のいくつかを選び、
    筆者の体験談を交えながら、英語と日本語を併記して表現した。それぞれのトピックで、
    ことばと食べ物の文化的違いを楽しんでもらえたらと願う。
    筆者の選んだ食べ物は、次の通り。
    すなわち、玉子焼き、蕎麦、海老、海苔、魚卵、豆である。あとがきでは、少し牡蠣について触れたい。


    【目次】
    大好きな玉子焼き
    蕎麦はオトナのお味
    ごちそうエビフライ
    海苔さえあればノリノリ
    タラコスパゲティ、おいしい
    五穀豊穣にはマメマメしさが大事


    【著者紹介】
    小葱(コネギ)
    英語に関する講師。日本食よりも洋食が好きだけれど、日本に生まれ育ったので、
    最近日本のものごとを勉強中。英語で日本の事柄を表現する限界に挑戦中。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本の食べ物、英語で言うと?食べ物に見る異文化交流!10分で読めるシリーズ
  • 日本の食べ物、英語で言うと?食べ物に見る異文化交流!10分で読めるシリーズ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中