ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 誰がアパレルを殺すのか

  • 誰がアパレルを殺すのか

電子書籍版

誰がアパレルを殺すのか

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2017年05月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    264
  • デジタルコンテンツタイトル名
    誰がアパレルを殺すのか
  • ISBN
    978-4-8222-3691-5
  • 発売日
    2017年06月01日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アパレル業界がかつてない不振にあえいでいる。オンワードホールディングス、ワールド、TSIホールディングス、三陽商会という業界を代表する大手アパレル4社の売上高は激減。
    店舗の閉鎖やブランドの撤退も相次いでいる。またアパレル業界と歩みをともにしてきた百貨店業界も、地方や郊外を中心に店舗閉鎖が続き、「洋服が売れない」事態は深刻さを増している。
    なぜ突如、業界は不振に見舞われたのか。経済誌「日経ビジネス」の記者が、アパレル産業を構成するサプライチェーンのすべてをくまなく取材した。
    ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、「もう、”散弾銃商法”は通用しない」と業界不振に警鐘を鳴らす。
    大手百貨店首脳は「我々はゆでガエルだった」と自戒。業界を代表する企業の経営者から、アパレル各社の不良在庫を買い取る在庫処分業者や売り場に立つ販売員まで、幅広い関係者への取材を通して、不振の原因を探った。
    また本書では、業界の将来を担うであろう新興企業の取り組みについても取材した。ITなどを武器に、業界の「外」から勢力図を変えようとするオンラインSPA(製造小売業)や、業界の「中」から既存のルールを変えようと挑戦するセレクトショップなど、国内外の新興プレーヤーの取り組みを紹介する。この1冊を読めば、アパレル産業の「今」と「未来」が鮮明に見えるはずだ。

    【登場する企業】
    オンワードホールディングス-ワールド-TSIホールディングス-三陽商会-ファーストリテイリング-ストライプインターナショナル-GAP-H&M-三越伊勢丹ホールディングス-大丸松坂屋百貨店-高島屋-そごう・西武 など

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 誰がアパレルを殺すのか
  • 誰がアパレルを殺すのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中