ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • パリジェンヌのあこがれ、“ギャルソンヌ”になるためのレッスン

  • パリジェンヌのあこがれ、“ギャルソンヌ”になるためのレッスン

電子書籍版

パリジェンヌのあこがれ、“ギャルソンヌ”になるためのレッスン

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2017年05月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    192
  • デジタルコンテンツタイトル名
    パリジェンヌのあこがれ、“ギャルソンヌ”になるためのレッスン
  • ISBN
    978-4-537-21475-8
  • 発売日
    2017年05月26日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,350 (税込:1,458

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    パリジェンヌはもう古い? 「ギャルソンヌ」という生き方
    「ギャルソンヌ」―――それは知的で、優雅で、自立した美しい女性のこと。1920年代、パリの社交界を舞台にマニッシュな装いを颯爽と着こなす女性たちを称賛して生まれた造語です。「ギャルソン(フランス語で少年の意)」の女性形で「ギャルソンヌ」なのです。まずはこのギャルソンヌという生き方の美しさを、マレーネ・ディートリッヒにジャンヌ・トゥーサン、ココ・シャネルなど、確固たる自分をもった古今の大女優、デザイナー、アーティストたちを例に解説します。
    第一線で活躍する女性たちを、パリ、ロンドン、ニューヨークに取材
    現代のギャルソンヌはどんなふうに生きているのでしょうか。パリ、ロンドン、ニューヨークを拠点に、CEO、コメディエンヌ、シンガーソングライター、デザイナー、調香師と、誰もがあこがれる、そして厳しい世界をたくましく生きる14人の女性たち。それぞれ個性的なジュエリーの趣味からジャケットの着こなし方、香りのまとい方、家族や仕事との付き合い方、失敗や挫折……「ギャルソンヌ」の生き方をチェックして、あなたのライフスタイルのヒントに。
    あなたもすぐギャルソンヌになれる? ファッションカタログ
    さっそくあなたも誰もが羨む、知的で、凛としていて、自分だけの価値観があって、洗練された、美しい女性に変身。すぐに取り入れられる「ギャルソンヌ的ファッションアイテム」を紹介。コートからシャツ、ハイヒール、スニーカー、ジーンズ……アイテム別にこだわるべきディテールとおすすめブランド、そして素敵なショップを紹介。個性派ブランドからファストファッションまで勢ぞろいです。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • パリジェンヌのあこがれ、“ギャルソンヌ”になるためのレッスン
  • パリジェンヌのあこがれ、“ギャルソンヌ”になるためのレッスン

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中