ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 新「育児の原理」あたたかい心を育てる 赤ちゃん編

  • 新「育児の原理」あたたかい心を育てる 赤ちゃん編

電子書籍版

新「育児の原理」あたたかい心を育てる 赤ちゃん編

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2017年04月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    新「育児の原理」あたたかい心を育てる
  • ISBN
    978-4-04-400265-7
  • 発売日
    2017年04月25日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

920 (税込:994

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • この本に書かれた内藤先生のメッセージが凝縮された新「育児の原理」十二則の一部をご紹介。

    第二則
     育児の原理は、愛情を伝えるお母さんと赤ちゃんの目と目の対話「まなかい」です。まだ言葉がわからない赤ちゃんに、お母さんのやさしい目で話しかけてあげてください。
    「まなかい育児」で赤ちゃんに健やかな体とあたたかい心が育まれ、母と子の絆が強く結ばれます。

    第七則
     ゼロ歳から一歳過ぎの赤ちゃんのしつけは愛情を伝えるお母さんと赤ちゃんの目と目の対話をしながら「まなかい抱っこ」だけで十分です。「どんぶらこ、どんぶらこ」と赤ちゃんを、ゆっくり、ゆっくりあやします。おだやかなお母さんの声や顔そして肌から、赤ちゃんはあたたかい心を吸収していきます。大切なのはお母さんが、いつもゆったりと、かまえていることです。

    第八則
     心の傷跡が残りやすい一歳半から二歳頃のしつけは、命令や否定ではなく、「あなたならできるよね」と、根気よくお願いします。自我の芽を大切にしてあげると、子どものいろいろな能力が引き出され、伸ばされます。この頃、自我の芽を押さえつけると反抗心となり、いずれ復讐心にかわることさえあります。自己制御できるようになる四歳以降、お友達の悩みや苦しみを理解できるようになるためにも二歳児前後の心の育児はとても大切です。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 角川ソフィア文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 新「育児の原理」あたたかい心を育てる 赤ちゃん編
  • 新「育児の原理」あたたかい心を育てる 赤ちゃん編

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中