ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ヤマケイ文庫 新編 西蔵漂泊 チベットに潜入した10人の日本人

  • ヤマケイ文庫 新編 西蔵漂泊 チベットに潜入した10人の日本人

電子書籍版

ヤマケイ文庫 新編 西蔵漂泊 チベットに潜入した10人の日本人

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2017年03月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    528
  • デジタルコンテンツタイトル名
    ヤマケイ文庫 新編 西蔵漂泊 チベットに潜入した10人の日本人
  • ISBN
    978-4-635-04799-9
  • 発売日
    2017年04月14日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

880 (税込:950

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 仏教の経典を求めて、あるいは僧院での修学に、そして国の密命を帯びて、鎖国状態のチベットに潜入した10人の日本人を、新発見の資料と現地を含めた取材で探ったドキュメンタリー。
    当時のチベットの特異性と歴史に翻弄された日本人の稀有な体験を著わしたノンフィクション。

    なかでも仏教の原典を求めて潜入した河口慧海や能海寛、青木文教などの稀有な旅やその足跡をたどりながら、鎖国時代のチベットの特異性を随所に盛り込む。
    一方、野元甚蔵と西川一三は、ともにモンゴル、チベットの草原でモンゴル人になりすまして特務機関の研究生として生き抜き、帰国後の不遇な時代、晩年の知られざる日々などにも言及される。
    10人が実践した旅はそれぞれにきわめて稀なものであったが、そのなかでも特に象徴的な体験をした河口慧海らに焦点をあて、2冊の『西蔵漂泊』を大幅に再構成、さらに最近の動向も含めて加筆、1冊に再編集、なによりも読みやすさを心がけた。

    当時のチベットの特異性と歴史に翻弄された日本人の稀有な体験を著わしたノンフィクション。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ヤマケイ文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • ヤマケイ文庫 新編 西蔵漂泊 チベットに潜入した10人の日本人
  • ヤマケイ文庫 新編 西蔵漂泊 チベットに潜入した10人の日本人

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中