ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「勝ち」に直結する 将棋・終盤の総手筋

  • 「勝ち」に直結する 将棋・終盤の総手筋

電子書籍版

「勝ち」に直結する 将棋・終盤の総手筋

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2016年12月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    456
  • デジタルコンテンツタイトル名
    「勝ち」に直結する 将棋・終盤の総手筋
  • ISBN
    978-4-8399-6158-9
  • 発売日
    2017年01月13日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

992 (税込:1,071

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    終盤の手筋のバイブルが文庫化!

    「いくら序盤、中盤が良くても、終盤が悪くては、勝つことはできません。棋友同士で『あいつは、序盤はうまいが、終盤が甘いからなあ』といわれる人と『あいつは、序盤はまずいが、終盤がしっかりしているからなあ』といわれる人がおります。前者は仲間から軽く見られている場合であり、後者は仲間から恐れられている人です。終盤の強さイコール将棋の強さでもあるわけです」(まえがきより)

    本書は関根茂九段による終盤の名著「終盤の総手筋」と「スッキリ明快詰将棋」の2冊を合わせて1冊の文庫として復刊したものです。

    第1部「終盤の総手筋」では将棋に勝つために絶対に必要な寄せと詰みの手筋を総まとめにして解説したもの。関根九段が例題を出しながら手取り足取り教えてくれるので読むだけできちんと理解できますし、すぐに実戦で使うことができます。

    第2部「スッキリ明快詰将棋」では元の書籍から3~7手詰を抜粋し、108問収録しています。第1部で学んだ手筋を使って問題を解くことで、さらに手筋の理解が深まります。

    序盤・中盤はうまくいくのに、いつも終盤で負けてしまう、もっと終盤が強くなりたいという方にぜひ読んでいただきたい一冊です。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 将棋連盟文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 「勝ち」に直結する 将棋・終盤の総手筋
  • 「勝ち」に直結する 将棋・終盤の総手筋

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中