ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 全戦型対応!将棋・端の攻め方、受け方

  • 全戦型対応!将棋・端の攻め方、受け方

電子書籍版

全戦型対応!将棋・端の攻め方、受け方

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2016年12月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    224
  • デジタルコンテンツタイトル名
    全戦型対応!将棋・端の攻め方、受け方
  • ISBN
    978-4-8399-6159-6
  • 発売日
    2016年12月26日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,232 (税込:1,331

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    端を制するものが現代将棋を制す

    矢倉、美濃、穴熊、銀冠、舟囲い、金無双……。将棋にはいくつもの囲いが存在しますが、その全てに共通する弱点があります。

    それが端です。

    囲いは基本的に玉を端の方に囲うものであるため、端攻めが脅威になることは必然の結果であるともいえます。将棋において最も堅固な囲いであり、現代将棋の象徴ともいえる穴熊でさえ、端攻めをまともに食らってはもろくも崩れ去ります。

    そうであれば、端の攻略の仕方、そして逆に端を攻められたときの正確な受け方は将棋を指す上での必修科目といえます。

    本書はまさにそのニーズに応えるものです。

    第1章「矢倉編」では、中盤での仕掛けから本格的な戦いまでの端攻め。
    第2章「美濃囲い編」では、終盤を中心とした玉を直接攻める手筋と、相振り飛車での仕掛けに威力を加える端攻め。
    第3章「穴熊編」では、いつも悩まされている堅さを、かなり弱体化させてしまう端攻め。
    第4章では銀冠、舟囲い、金無双といったその他の囲いの端攻めを紹介しています。

    見開き2ページで一つの手筋を紹介する形になっているので、自分の興味のあるところから読めるようになっています。

    本書を読んで▲1五歩△同歩▲1三歩!の端攻めを常に狙う姿勢と逆に攻められたときの正確な対処を身につければ端はあなたにとって強力な武器になるはずです。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル マイナビ将棋BOOKS
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 全戦型対応!将棋・端の攻め方、受け方
  • 全戦型対応!将棋・端の攻め方、受け方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中