ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 侘び然び幽玄のこころ─西洋哲学を超える上位意識─

  • 侘び然び幽玄のこころ─西洋哲学を超える上位意識─

電子書籍版

侘び然び幽玄のこころ─西洋哲学を超える上位意識─

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2015年01月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    304
  • デジタルコンテンツタイトル名
    侘び然び幽玄のこころ─西洋哲学を超える上位意識─
  • ISBN
    978-4-434-20142-4
  • 発売日
    2016年11月10日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 究極の日本精神文化論
    あなたは「侘び」「然(寂)び」の違いが説明できますか!?

    真実の歴史は、下層の民衆たちによって創られてきたことを人びとは忘れてしまっている。
    曽てこんな「わびさび幽玄」本はなかった。
    侘び然びをこうも明瞭に解説し得たものは他にはない。画期的な内容ということが出来る。
    従来の説を覆し、本物の侘び然び幽玄を語っている。
    風は限りなく風らしく、光は限りなく光らしく、大地は限りなく大地らしく土の薫りを醸し出す。
    その人生を癒やす為に日本人の魂に根付いてきた「侘び」観。
    人々の苦悩を呑み込み、悲しみを和らいで日本人の精神性と人格とを高めてきた。
    日本人の歴史そのものとしての侘びは、天皇から民衆までも隔たりなく同位に包んで現代に伝えられてきた。
    禅の哲学を取り込み、無一物への志向を強めながら、人々の超越する想いを表象してきた。
    日本史2670年の底辺に生きた民衆の悲しみとその忍耐性、そして1000年に及ぶエリートたちの然(寂)びとを追究する知的ロマンの旅である。果たしてデカルトやカントにも勝る程の哲学性が有されているのか、その侘びの源流にも触れていく。
    日本人の精神の支柱と言われながら、日本人の大半がその説明が出来ないという現実と、侘び然びの高き哲学性。
    このままではこの国から絶滅危惧種化しそうな勢いで、忘れ去られようとしている。
    いま、ここで立ち止まり、日本民族としての精神について、真正面から問いかけてくる斯書に読者は腕組みをして、真剣に思索への道を歩み出すだろう。これは日本人としてのアイデンティティを確立する為の必須の書である!

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 侘び然び幽玄のこころ─西洋哲学を超える上位意識─
  • 侘び然び幽玄のこころ─西洋哲学を超える上位意識─

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中