ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • マタギ奇談

  • マタギ奇談

電子書籍版

マタギ奇談

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2016年10月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    192
  • デジタルコンテンツタイトル名
    マタギ奇談
  • ISBN
    978-4-635-32014-6
  • 発売日
    2016年09月30日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

880 (税込:950

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • マタギたちが経験した山での不思議な経験を、長年にわたって取材、書き下ろした実話譚。

    第一章 歴史のはざまで 
    マタギが八甲田で見た人影はなんだったのか-菅江真澄と暗門の滝の謎-尾太鉱山跡で見つかった白骨-雪男を求めてヒマラヤに行ったマタギ

    第二章 マタギ伝説 
    山の神様はオコゼと男根がお好き?-老犬神社由来-サゲフリ-神様になったマタギの常徳-兼吉穴-「鬼は内ー、鬼は内ー」

    第三章 賢いクマ 
    演技をして逃げたクマ-クマに騙されたマタギ-トメ足をしたクマ-スイカ泥棒-真剣白「歯」取り-復讐するクマ-クマを育てる-クマは如何に岩壁の穴に入ったか

    第四章 山の神の祟り 
    四つグマの祟り-大然集落を襲った山津波は山の神の祟りか-忌み数-クマ隠し-セキド石

    第五章 不思議な自然 
    大鳥池の巨大怪魚-マサカリ立て-山が教えてくれた

    第六章 人間の不思議な話 
    濡れ衣-呼ばれる-老マタギと犬

    ※『新編 山のミステリー』(山と溪谷社)の著者が紡ぐ、『山怪』(田中康弘・山と溪谷社)にも通じる山の民の体験録。お楽しみください!

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • マタギ奇談
  • マタギ奇談

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中