ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 松谷警部と向島の血

  • 松谷警部と向島の血

電子書籍版

松谷警部と向島の血

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2016年09月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    361
  • デジタルコンテンツタイトル名
    松谷警部と向島の血
  • ISBN
    978-4-488-42006-2
  • 発売日
    2016年09月30日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

880 (税込:950

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • これが現職最後の担当事件か──松谷警部が駆けつけた現場は両国国技館から歩いて行ける距離にあった。被害者は五稜郭光夫、渡島部屋の十両力士だという。胸部を刺されており、傍らに「コノ者、相撲道ニ悖ル」と印刷された紙片が。やがて先輩格の鴎島、葛灘が相次いで殺害され、同じメッセージが残っていた。狭い社会だけに関係者は限られるが、三件全部にアリバイがない者はおらず、動機やメッセージの真意も定かではない。苦心惨憺の末、白石巡査部長が真相に至ったのは、実に警部の退職二日前だった!-解説=神命明

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 創元推理文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 松谷警部と向島の血
  • 松谷警部と向島の血

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中