ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 氷の轍

  • 氷の轍

電子書籍版

氷の轍

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2016年10月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    352
  • デジタルコンテンツタイトル名
    氷の轍
  • ISBN
    978-4-09-386450-3
  • 発売日
    2016年09月27日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,440 (税込:1,555

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • シンジツ一人ハ堪ヘガタシ。

    二人デ居タレドマダ淋シ、
    一人ニナツタラナホ淋シ、
    シンジツ二人ハ遣瀬ナシ、
    シンジツ一人ハ堪ヘガタシ。
    (北原白秋「他ト我」より)

     北海道釧路市の千代ノ浦海岸で男性の他殺死体が発見された。被害者は札幌市の元タクシー乗務員滝川信夫、八十歳。北海道警釧路方面本部刑事第一課の大門真由は、滝川の自宅で北原白秋の詩集『白金之独楽』を発見する。滝川は青森市出身。八戸市の歓楽街で働いた後、札幌に移住した。生涯独身で、身寄りもなかったという。真由は、最後の最後に「ひとり」が苦しく心細くなった滝川の縋ろうとした縁を、わずかな糸から紐解いてゆく。

    北海道警釧路方面本部。新たな刑事の名は、大門真由。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 氷の轍
  • 氷の轍

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中