ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 振子気動車に懸けた男たち

  • 振子気動車に懸けた男たち

電子書籍版

振子気動車に懸けた男たち

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2016年02月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    振子気動車に懸けた男たち
  • ISBN
    978-4-330-64116-4
  • 発売日
    2016年09月23日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

700 (税込:756

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 昭和62年4月に発足したJR四国は、高松と西条・高知を結ぶ高速道路の建設が進められるなど、厳しい経営環境に置かれていた。そこで、都市間輸送のスピードアップが重要課題と判断したJR四国は、曲線区間の多い四国の鉄道に合った振子車両2000系気動車の開発を進める。同社の命運をかけた特急車両を成功させようと、ルビコン河を渡る思いで決断を下した経営陣、それを受けて実現までに立ちはだかった幾多の難関をブレークスルーした鉄道マンたち。当時の関係者への綿密な取材を基に、その苦闘の足跡を克明に綴る。福原俊一(ふくはらしゅんいち)昭和28(1953)年2月、東京都に生まれる。武蔵工業大学経営工学科卒業。電車発達史研究家。主な著書に『鉄道そもそも話』『星晃が手がけた国鉄黄金時代の車両たち』(交通新聞社)、『ビジネス特急こだまを走らせた男たち』『日本の電車物語』『581・583系物語』『111系・113系物語』(JTBパブリッシング)などがある。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 交通新聞社新書
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 振子気動車に懸けた男たち
  • 振子気動車に懸けた男たち

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中