ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 昭和プロレスファンあるある

  • 昭和プロレスファンあるある

電子書籍版

昭和プロレスファンあるある

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2016年09月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    192
  • デジタルコンテンツタイトル名
    昭和プロレスファンあるある
  • ISBN
    978-4-89977-451-8
  • 発売日
    2016年09月16日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,280 (税込:1,382

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    真にプロレスが輝いていたあの時代、ファンもすこぶる熱かった!
    熱狂した昭和プロレスファンの“あるある”を400本オーバー!!列挙!!!

    ジャイアント馬場、アントニオ猪木、長州力、ジャンボ鶴田、藤波辰爾、前田日明、高田延彦、天龍源一郎、
    初代タイガーマスク、ハルク・ホーガン、スタン・ハンセン、ロード・ウォリアーズ、タイガー・ジェット・シン... ...
    規格外の巨体と規格外のエピソードを持つレスラーたち。燃えることもあれば、冷めることもあった数々の事件、
    そして人生をぶつけ合うようなリング上での激闘。
    昭和のプロレスは私たちのハートを熱くたぎらせ、私たちの青春をプロレス一色に染め上げました。
    それはきっと、あの頃のプロレスに“語る要素”が多かったからです。
    昭和プロレスファンはテレビの前で試合に釘付けになり、翌日は友人とプロレス談義に熱くなったものです。
    その中で多くの人がふと、こう思ったはずです。「あれ、皆、同じこと考えているんだ...」と。そう、つまり
    “あるある”です。昭和プロレスファンの日常ネタから、新日、全日など、各団体のファンネタ、
    そしてプロレス関係者へのインタビューなど。
    本書はそんな昭和プロレスファンの「あるある」を400本以上、たっぷりと詰め込みました。
    さらに、徳光康之による伝説のマンガ『最狂 超プロレスファン列伝』の描き下ろしスピンオフ作品
    「超プロレスファンあるある列伝」を特別掲載!

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 昭和プロレスファンあるある
  • 昭和プロレスファンあるある

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中