ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 不戦無敵の影殺師7(イラスト簡略版)

  • 不戦無敵の影殺師7(イラスト簡略版)

電子書籍版

不戦無敵の影殺師7(イラスト簡略版)

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    XMDF
  • ページ数
    264
  • デジタルコンテンツタイトル名
    不戦無敵の影殺師(イラスト簡略版)
  • 発売日
    2016年09月30日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

300 (税込:324

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • どれだけ強くなっても、俺は悩むんだな。

    「異能力制限法」により異能力者はすべて社会から管理され、戦う機会が奪われた現代。

    俺――冬川朱雀はとまどっていた。
    「人間になると決めたら、教えてね。そのための異能力者を紹介するから」
    小手毬の前で両手を広げて、天児奈はいつもの軽い調子で言った。
     しかし、話はそうメリットばかりではなかったのだ。小手毬が不老不死である煌霊から人間に戻れば、人として生きられる。だけど、『天上』になったことで現状俺は不老不死だ。
     俺たちの人生は共に歩めなくなってしまう。すれ違ってしまう。
     そうなると俺は『天上』を辞めるだろう。しかし、天児奈によって大きな問題に気づかされた。
    「『天上』というのは世界が大きく悪い方向に行かないように管理する組織なの。じゃあ、最も管理しないといけないのは『天上』そのものでしょ。『天上』レベルの異能力者を放置していれば、世界は重篤な危機に陥りかねないよね?」

    つまり『天上』から抜けた異能力者が無事に生きていけるって保証はどこにもなかったのだ――!

    真の最強になることが唯一残された道!? 苦悩し続ける異能力リアルアクション最終巻!

    ※この作品は廉価版です。廉価版にはイラストが入りません。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ガガガ文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 不戦無敵の影殺師7(イラスト簡略版)
  • 不戦無敵の影殺師7(イラスト簡略版)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中