ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 碁盤の目には謎がいっぱい! ほんとうは怖い 京都の地名散歩

  • 碁盤の目には謎がいっぱい! ほんとうは怖い 京都の地名散歩

電子書籍版

碁盤の目には謎がいっぱい! ほんとうは怖い 京都の地名散歩

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2016年07月
  • ファイル形式
    XMDF
  • ページ数
    224
  • デジタルコンテンツタイトル名
    碁盤の目には謎がいっぱい! ほんとうは怖い 京都の地名散歩
  • ISBN
    978-4-569-83386-6
  • 発売日
    2016年08月05日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

694 (税込:750

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「悪王子町」「ホッパラ町」「閻魔前町」「天使突抜」等々、京都には奇妙な、不思議な地名や町名が数多く存在します。京都は、王朝文化が栄え、貴族たちが優雅な生活を送っていた「華やかな町」というイメージの一方で、明治の世に至るまで幾度となく繰り返されてきた戦乱等で生み出された、思わず背筋が寒くなる「怖い町」の一面があり、実はそれらが地名や町名に刻み込まれているのです。●「千本通り」には何が千本あった?●「蹴上」で何を蹴り上げた?●「血洗町」で洗ったものは?●「京都で一番怖い神社」はどこ?――答えは本書にあります。地名の由来を知って歩けば、身の毛もよだつ、そんなミステリアスな京都旅を体験してみませんか?

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 京都しあわせ倶楽部
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 碁盤の目には謎がいっぱい! ほんとうは怖い 京都の地名散歩
  • 碁盤の目には謎がいっぱい! ほんとうは怖い 京都の地名散歩

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中