ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ファクトリー!香鹿と糸島の場合

  • ファクトリー!香鹿と糸島の場合

電子書籍版

ファクトリー!香鹿と糸島の場合

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2014年04月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    248
  • デジタルコンテンツタイトル名
    ファクトリー!香鹿と糸島の場合
  • ISBN
    978-4-434-19083-4
  • 発売日
    2016年07月29日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

800 (税込:864

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 俺のバンドが解散しても、橋本さんの腰痛が酷くても、東原さんの化粧が濃くても、糸島が可愛くて我慢のぎりぎりでも、とりあえず世界大恐慌でも起らない限り、俺たちは職場で、また月曜日に会えるのだ。
    俺の職場である、糸島塗装興業株式会社で。

    香鹿優人は、アルバイトで生計を立てながらバンドでのメジャーデビューを夢見る優しく気遣い屋のいたって普通の青年だ。ある日、彼が働く糸島塗装工業に副社長の息子、糸島薫が現れる。イケメンと形容できる容姿にかかわらず、暗く無愛想で仕事もできず、パートのおばさんたちに煙たがられる糸島が香鹿は気になって仕方がない。
    頑なに心を閉ざしていた糸島だったが、香鹿の甲斐甲斐しい努力の末、少しずつ心を開き始める。そんな折、香鹿はバンドのメンバーの一人が別のバンドでメジャーデビューするという話にダメージを受け、部屋に遊びに来た糸島を衝動的に押し倒してしまい……。
    中編3編のオムニバスストーリー。

    巻末には書き下ろしスピンオフを収録。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • ファクトリー!香鹿と糸島の場合
  • ファクトリー!香鹿と糸島の場合

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中