ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 特異家出人 ~警視庁捜査一課特殊犯捜査係・堂園晶彦~

  • 特異家出人 ~警視庁捜査一課特殊犯捜査係・堂園晶彦~

電子書籍版

特異家出人 ~警視庁捜査一課特殊犯捜査係・堂園晶彦~

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2014年09月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    512
  • デジタルコンテンツタイトル名
    特異家出人 ~警視庁捜査一課特殊犯捜査係・堂園晶彦~
  • ISBN
    978-4-09-406079-9
  • 発売日
    2016年07月22日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

740 (税込:799

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 被疑者に甘い奴が、特殊班では切り札になる。

    東京都葛飾区在住の有村礼次郎という一人暮らしの資産家老人が失踪した。捜査すべき“特異家出人”であるかを探ることになった警視庁捜査一課特殊犯の堂園晶彦は、老人と唯一交流があったという少女・加藤奈々美から、老人と電話で話した際「変な音」を耳にしたことを知る。有村邸の玄関からは血痕が検出され、預金通帳や証書、有価証券、不動産の登記書、時価二億と推定される根付のコレクションが消えた。目撃証言により、彼を拉致したのは鹿児島の元指定暴力団員・中俣勇夫であることが判明。中俣の消息を追い鹿児島に飛んだ堂園は、自身の祖父と有村老人が県立鹿児島第一中学校で同級生だったことを知る。二人は高等学校の替え玉受験が発覚したことを機に、故郷・鹿児島を追われていた。県警の刑事・大迫らとともに中俣の潜伏先を特定した堂園は突入をはかるが、その直前、錯乱に陥った中俣が相棒に射殺されてしまう。しかし、拉致されたはずの有村老人は、その場に居合わせていなかった。有村の拉致には、彼と堂園の祖父の過去が大きく関わっていた……。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 特異家出人 ~警視庁捜査一課特殊犯捜査係・堂園晶彦~
  • 特異家出人 ~警視庁捜査一課特殊犯捜査係・堂園晶彦~

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中