ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ぶんぶくちゃがま ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~

  • ぶんぶくちゃがま ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~

電子書籍版

ぶんぶくちゃがま ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    1985年
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    24
  • デジタルコンテンツタイトル名
    ぶんぶくちゃがま ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~
  • ISBN
    978-4-09-756056-2
  • 発売日
    2016年05月27日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

70 (税込:76

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 【名作絵本のデジタル復刻!】日本が元気だった頃、多くの子どもたちに親しまれてきた厚紙の絵本。美しい絵、文章のリズム、ことばの楽しさ、当時活躍した実力派絵本作家の子どもへの熱い思いが伝わってきます。親から子へ語り継ぎたい名作絵本シリーズ!!
    動物も人間も自然の中でごく身近なところにいて、話をすることもできると信じられていた昔。動物と交流する民話はとてもたくさんあります。その中でもユーモアたっぷりで、ついプッと噴き出してしまいそうなお話が「ぶんぶくちゃがま」です。和尚さんが買ってきた茶釜が実はたぬきが化けた化け茶釜で、みがくと「いたい」、火にかけると「あちち あちち」と悲鳴。ユーモラスな絵とともにお話の中に引き込まれていきます。
    もともとは動物の恩返しの民話だったようですが、たぬきとのやりとりの面白さからどんどん笑い話になっていったようです。ちなみに「ぶんぶく」は茶の沸き立つ音で、漢字だと「文福茶釜」あるいは「分福茶釜」と書きます。群馬県館林市の茂林寺は、分福茶釜ゆかりの寺として有名です。

    ※この作品はカラー版です。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • ぶんぶくちゃがま ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~
  • ぶんぶくちゃがま ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中