ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 国語が得意科目になる「印つけ」読解法

  • 国語が得意科目になる「印つけ」読解法

電子書籍版

国語が得意科目になる「印つけ」読解法

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2016年05月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(BW)
  • ページ数
    240
  • デジタルコンテンツタイトル名
    国語が得意科目になる「印つけ」読解法
  • ISBN
    978-4-7993-1870-6
  • 発売日
    2016年05月17日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,200 (税込:1,296

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    文章の構造を「見える化」すれば、文章がラクラク読めるようになる!

    「どんなに勉強しても、国語の成績が上がらない」
    「国語の勉強の『やり方』がわからない」
    「そもそも、国語の勉強の『やる気』が起きない」

    そんな小学生が文章をすらすら読めるようになるには、文章に○印や傍線、記号などをつけるのが非常に有効です。

    それが、本書でご紹介する「印つけ」読解法。

    本書では、単なるテクニックではなく、文章がラクに読めるようになるためのシンプルなメソッドとして、この「印つけ」のやり方をご紹介していきます。


    ▼ルールはたったこれだけ!カンタン「印つけ」▼

    【物語文】
    1 「人物」に○をする
    2 主な「できごと」「気持ち」に――線を引く
    3 「場面の変わり目」に「V印」を入れる

    【論説文】
    1 「話題」に○をする
    2 「重要文」に――線を引く
    3 「具体例」に「→ ←」をつける

    【随筆文】
    1 「体験」に「→  ←」をつける
    2 「感想」に――線を引く

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 国語が得意科目になる「印つけ」読解法
  • 国語が得意科目になる「印つけ」読解法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中