ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 名将の条件 監督受難時代に必要な資質

  • 名将の条件 監督受難時代に必要な資質

電子書籍版

名将の条件 監督受難時代に必要な資質

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2016年02月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    208
  • デジタルコンテンツタイトル名
    名将の条件 監督受難時代に必要な資質
  • ISBN
    978-4-7973-8560-1
  • 発売日
    2016年02月05日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

800 (税込:864

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • セ弱パ強、シーズン途中の監督解任、
    オーナーの現場介入、選手兼任監督、
    プレミア12準決勝敗退……。

    問題や課題の多い今のプロ野球界に言えることは、
    監督の人材不足である。
    そもそも監督を育てるような環境が整っておらず、
    負けが込むと安易に監督を変えるようでは、
    いつまでたっても強いチーム作りは行えない。

    このような「監督受難」の時代に
    監督として必要な資質を、
    南海、ヤクルト、阪神、楽天など
    数々の球団で監督としての実績を築き、
    勝負と人間の機微を熟知した智将・野村克也が語る。

    ◎負けてはいけない試合で、小久保監督の采配のまずさが露呈した
    ◎谷繁元信がプレイングマネージャーとして通用しなかった理由
    ◎サングラスをかけて指揮を執る監督にモノ申す
    ◎組織の力量は、リーダーの力量以上にはならない
    ◎試合で奇襲ばかり考えている監督はヘボである
    ◎球団は優秀な選手の獲得よりも、監督の質の向上に努めよ
    ◎指導者として松井には期待するが、イチローには期待しない
    ◎金本の責任感の強さを、阪神の選手に植えつけてほしい
    ほか

    <著者コメント>
    2016年、本物の野球を期待してます。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル SB新書
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 名将の条件 監督受難時代に必要な資質
  • 名将の条件 監督受難時代に必要な資質

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中