ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 赤崎水曜日郵便局

  • 赤崎水曜日郵便局

電子書籍版

赤崎水曜日郵便局

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2016年02月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    赤崎水曜日郵便局
  • ISBN
    978-4-04-731994-3
  • 発売日
    2016年02月01日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,200 (税込:1,296

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ◆巡り合うはずのない“他人の日常”とのちょっと奇妙な出合い◆
     1週間の真ん中の水曜日は人々の日常であふれています。
     全国1億2千万人の水曜日は実にさまざま。
     そんな「水曜日の物語」を綴った手紙が
     熊本県南部の海辺にある小さな町に届きました。

     知らない誰かの「水曜日の物語」が流れ着き
     知らない誰かの元へ旅立つ洋上の赤崎水曜日郵便局。
     手紙を通じた一期一会。

     ささやかな希望と奇跡をお届けします。

    【赤崎水曜日郵便局について】
    水俣エリアである熊本県津奈木(つなぎ)町は、水俣病の被害地域であったこともあり、芸術文化による地域再生に取り組んでいる。その一環で始まったのが赤崎水曜日郵便局。町内の小さな岬・赤崎の海の上の小学校(廃校)に設置された小さなポスト。そこに全国から無作為に「水曜日の出来事」を書いた手紙が届き、それを別の参加者に転送する「片道書簡」形式。内容は家族や仕事のこと、恋愛、友達のこと、そして病や災害のこと......。「人」との交錯だけでなく、動物やモノとの出合いや別れなど、ごくごくささやかで日常的、しかし劇的な出来事が綴られており、手紙の交換を通じて人と人をつないでいく。これまで5000通以上の「水曜日の物語」が集まり、テレビやネットなどで全国的に大きな反響を呼んでいる。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 単行本
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 赤崎水曜日郵便局
  • 赤崎水曜日郵便局

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中