ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日

  • 牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日

電子書籍版

牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2015年12月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    231
  • デジタルコンテンツタイトル名
    牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日
  • ISBN
    978-4-8334-2163-8
  • 発売日
    2016年01月05日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「うまい、はやい、安い」といえば、牛丼。
    給料日が迫った繁華街の昼、多くのサラリーマンが牛丼屋に
    駆け込む姿は、今や日常の見慣れた光景である。
    日本人の生活に浸透する庶民の味方といえる牛丼。
    しかしながら、私たちのしらないところで
    「日本で牛丼が食べられなくなる日が来る」という動きが現実化しつつある。
    その流れをつくっているのは、リーマンショックの後、
    息を潜めたかにみえた「マネー資本主義」。
    このグローバルマネーが次のターゲットに選んだのは、「牛肉」だった。
    世界的な牛肉争奪戦の裏で進行する、知られざる動きとは一体何なのか。
    『里山資本主義』『里海資本論』の著者が、「強欲化する世界」に迫る渾身の1冊。

    【著者紹介】
    井上恭介(いのうえ・きょうすけ)
    NHKエンタープライズ エグゼクティブプロデューサー
    1964年生まれ。京都出身。87年東京大学法学部卒業後、NHK入局。報道局・大型企画開発センター・広島局などを経て、現職。
    ディレクター、プロデューサーとして、一貫して報道番組の制作に従事。
    主な制作番組にNHKスペシャル「オ願ヒ オ知ラセ下サイ~ヒロシマ・あの日の伝言~」(集英社新書から『ヒロシマ 壁に残された伝言』として書籍化)
    「マネー資本主義」(新潮文庫から同名書籍化)「里海SATOUMI瀬戸内海」(角川新書から『里海資本論』として書籍化)などがある。
    広島局で中国地方向けに放映した番組をまとめた角川新書の『里山資本主義』は40万部を超えるベストセラーに。
    【目次より】
    第1章◆日本で「牛丼」を食べられなくなる?
    第2章◆中国で始まった「異次元“爆食”」
    第3章◆ヒツジへの玉突き現象
    第4章◆大豆を求めてアメリカ、そしてブラジルへ
    第5章◆牛肉と穀物の世界を変えるマネー
    第6章◆グローバル資本主義の天国と地獄
    第7章◆ブラジルを襲った大干ばつ
    第8章◆牛肉は「工業製品」か「生き物」か
    第9章◆地球の限界を救えと立ち上がった SATOYAMA/SATOUMI
    第10章◆気候変動、食料危機はどう回避できるのか

ページの先頭へ

閉じる

  • 牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日
  • 牛肉資本主義―牛丼が食べられなくなる日

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中