ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 表の体育 裏の体育 日本の近代化と古の伝承の間に生まれた身体観・鍛練法

  • 表の体育 裏の体育 日本の近代化と古の伝承の間に生まれた身体観・鍛練法

電子書籍版

表の体育 裏の体育 日本の近代化と古の伝承の間に生まれた身体観・鍛練法

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2004年03月
  • ファイル形式
    XMDF
  • ページ数
    352
  • デジタルコンテンツタイトル名
    表の体育 裏の体育
  • ISBN
    978-4-569-66149-0
  • 発売日
    2015年12月25日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

602 (税込:650

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「裏の体育」とは、日本の伝統文化を核に個人が直感と体験によって打ち立てた民間の健康・鍛練法のことである。対する表の体育は、西洋科学思想に基づいた現在の学校体育など。日本人であれば必ず、学校で体育という教育を受けるが、本当に身体を育むものなのか? 例えば、かつて良い鍛練とされたウサギ跳びや腹筋運動も、現在では弊害が伝えられているが、裏の体育では弊害ありとして決して採用されないものだった。つまり、西洋科学においても「身体」を完全に把握できているわけではないのだ。本書は、武術を基盤としたその身体操法がスポーツをはじめ各界から注目される著者が、現代日本人の身体観の常識を覆す「裏の体育」の世界を検証する。表と裏をつなぐ存在である「武術」を語りつつ、西洋的な分析手法を取りながら、現代医学とは相反した主張を続けた肥田式強健術創始者・肥田春充を紹介。日本人の身体を育てる本当の「体育」のあり方を考える。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル PHP文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 表の体育 裏の体育 日本の近代化と古の伝承の間に生まれた身体観・鍛練法
  • 表の体育 裏の体育 日本の近代化と古の伝承の間に生まれた身体観・鍛練法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中