ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 今、父は子に何を語るべきか

  • 今、父は子に何を語るべきか

電子書籍版

今、父は子に何を語るべきか

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2002年08月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    201
  • デジタルコンテンツタイトル名
    今、父は子に何を語るべきか
  • ISBN
    978-4-7631-8162-6
  • 発売日
    2015年10月23日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

480 (税込:518

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ◎感動、仕事、人生。
    家庭での「父親不在」が叫ばれて久しいですが、その影響は確実に子どもを蝕んでいます。
    困難時にふんばれない子どもたちなど、その典型でしょう。
    昼間は寝ていて、真夜中のコンビニにたむろする子どもたちも珍しくなくなりました。
    また、自殺を簡単に選択してしまう子どもたちもいっこうに減りません。
    子どもが価値観を形成するには、誰かの価値観とぶつからなければなりません。
    それこそ、父親の役目です。父親が自身の価値観を表現しないと、子どもは葛藤の対象を失い、心が育っていかなくなります。
    子どもは、あふれるばかりの「母性」を一方で求めながら、大きな「父性」を全身全霊で求めているのです。

    あなたは、わが子に語るべき言葉をもっていますか。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル サンマーク文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 今、父は子に何を語るべきか
  • 今、父は子に何を語るべきか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中