ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 僕にお月様を見せないで(9) 唐子とオオカミの夜

  • 僕にお月様を見せないで(9) 唐子とオオカミの夜

電子書籍版

僕にお月様を見せないで(9) 唐子とオオカミの夜

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2002年10月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    僕にお月様を見せないで
  • ISBN
    978-4-8402-2196-2
  • 発売日
    2015年10月17日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

510 (税込:551

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 嵐の夜、銀之介にかかってきた一本の電話。受話器の向こうから聞こえてきたのは、雷と雨の音と、とても弱々な唐子の声だった。いつも元気溌刺な唐子がどうして?なんて銀之介が思っている時、突然電話が途切れた。胸騒ぎを覚え、風雨の中を唐子の家へと急ぐ銀之介。と、そこには停電による暗闇にひとり怯える唐子がいた。聞けば雷にまつわる悲しい思い出が…。嵐のため唐子の親父さんが旅先より帰宅できない中、徐々にいい感じになっていく二人。とうとう恋が決定的なものになるのだろうか!? 人気シリーズ第9弾は、シリーズ完結に向け一気に加速!! 読む者を、笑わせ、和ませ、切なくさせる。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 電撃文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 僕にお月様を見せないで(9) 唐子とオオカミの夜
  • 僕にお月様を見せないで(9) 唐子とオオカミの夜

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中