ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 甘肌を召し上がれ

  • 甘肌を召し上がれ

電子書籍版

甘肌を召し上がれ

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    XMDF
  • デジタルコンテンツタイトル名
    甘肌を召し上がれ
  • 発売日
    2015年09月04日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

300 (税込:324

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「出すのは、上半身だけの約束だっ!」
    和久の不埒な手は篤味のヘソをさすり降り、肉付きのうすい腿に触れてきた。
    その抑え付ける力は尋常じゃない。キスはあんなに優しくデリケートだったというのに……。

    和菓子店の若旦那:篤味の元へ、人気商品『甘肌餅』を買い求める和久が度々来店した。
    画家をしているという和久。同世代ということもあり次第に親密に。

    「とうとう、来てくださったんですね。この部屋に……」
    和久の仕事場を見せてもらうことになった篤味は、壁に掲げられていた一枚のスケッチ画を見て絶句する。
    それは……篤味自身のセミヌードだった。
    過去に一度だけ、50人の学生の前でセミヌードモデルをしたことがあった。その時、美術部員だった和久がその輪の中にいたとは……。
    「一回だけでいいんです。また、モデルになってください!」
    和久の真剣さに気押され、モデルになるため下着一枚になる篤味。
    「白くてきれいだ。ずっと見ていたい……」
    体毛が薄く、女みたいに肌がきめ細かい。そんな自分の体にコンプレックスを持っていた篤味だが、次第に不快を感じなくなっていた。
    「全部見たいな……」
    頬を桜色に染める和久の目には、淫欲の明りが灯っていた。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 秘蜜の本棚
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 甘肌を召し上がれ
  • 甘肌を召し上がれ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中