ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 魔法医師の診療記録

  • 魔法医師の診療記録

電子書籍版

魔法医師の診療記録

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2015年08月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    296
  • デジタルコンテンツタイトル名
    魔法医師の診療記録
  • ISBN
    978-4-09-451569-5
  • 発売日
    2015年08月28日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

590 (税込:637

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 今はもう忘れられた、魔法医師の物語――。

    太古の昔、医術と魔術とは、同一のものであった。
    今や人類は、かつて魔術と医術とが一つであったことをすっかりと忘れてしまっていた。しかし、この世には未だ医術のみで癒せぬ病が存在する。
    それは、伝承の中で、吸血鬼、狼男、食人鬼などと語られる化け物の類い、魔術を用いねば癒せぬ病――すなわち〈妖病〉が。故に古代の知恵、魔術と医術とが一体となった知恵を、未だ脈々と伝え続ける者たちがいる。

    すなわち――〈魔法医師〉が。

    魔法医師の少女・クリミアは自身が幼い頃に行った魔法医術の影響で、重大な妖病を患った幼なじみのヴィクターを治療するため、共に旅を続けていた。その目的は、ヴィクターの病を治せるだけの力をもった霊石《ガマエ》を集めること。

    その旅の中で、二人は数多の病人を治療していく。
    ときに魔法医師を異端と迫害する教会と戦いながら。
    ときに病人を魔物と称する人々と戦いながら。
    そして、病そのものと、戦いながら――。

    『王子降臨』『楽園追放 mission.0』などで活躍中の手代木正太郎が奇妙で流麗な筆致を踊らせた最新作(2015年8月発表作品)。
    イラストは、気鋭のイラストレーター・ニリツ!!

    ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ガガガ文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 魔法医師の診療記録
  • 魔法医師の診療記録

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中