ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • キミとは致命的なズレがある

  • キミとは致命的なズレがある

電子書籍版

キミとは致命的なズレがある

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    キミとは致命的なズレがある
  • 発売日
    2015年08月14日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

590 (税込:637

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 第5回小学館ライトノベル大賞・優秀賞!!

    海里克也(うみさと・かつや)は保健室で目を覚ました。
    なぜここにいるのか?
    保険医の鏡(かがみ)によると、階段で転んで気を失っていたらしい。
    ……覚えていない。
     十歳のとき、大きな事故で両親と記憶を失ってしまった克也には、ここ数年の記憶しかない。
     それはいいのだが……。

    「見えないモノが見えてない?」
    そんな鏡の問い掛けにドキリとする。

    ――自販機の陰に倒れている少女の身体――靴箱や鞄に入れられた不幸の手紙――。
    思い当たる節はある。
    これは幻覚? それとも、もう一人の自分が……いる?

    少女の死の映像と指の感触、克也の過去に怯える担任教師、克也を殺人鬼と呼ぶ赤鬼のような形相の男。
    追い詰められた克也は、唯一の心の支えである幼なじみの宮崎ひなた(みやざき・ひなた)のもとへ向かう。そして彼女が、幻覚に見る少女だと気づく……。

    真実は目に映る――?

    『Kanon』『AIR』『CLANNAD』『リトルバスターズ!』『Angel Beats!』など、ヒット作を生み出し続ける、Key(株式会社ビジュアルアーツ)の麻枝准氏もその筆力を賞賛! 「第5回小学館ライトノベル大賞」にて優秀賞を受賞した問題作、ついに登場!

    ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ガガガ文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • キミとは致命的なズレがある
  • キミとは致命的なズレがある

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中