ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • er-この恋テイクアウトで 年下ワンコの発情宣言[3]

  • er-この恋テイクアウトで 年下ワンコの発情宣言[3]

電子書籍版

er-この恋テイクアウトで 年下ワンコの発情宣言[3]

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    この恋テイクアウトで
  • 発売日
    2015年07月31日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

249 (税込:269

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 【この恋テイクアウトで 3 最終巻】
    「菜々子さんのここに、マーキングしちゃおうかな。俺のモノだってわかるように――」
    しつけのよい子犬みたいに従順でカワイイ後輩だと思っていたら、まさかの発情!?
    倉田菜々子は出張先から新幹線で帰る途中、具合が悪くなった5歳年下の後輩・永山雄大を介抱するため途中下車することに。
    なんとかたどり着いたビジネスホテルはダブルルームしか空いていなかった!
    雄大を休ませるために、しかたなくダブルルームに泊まることにしたのだが――具合が悪いはずの雄大に押し倒されてしまう。
    「菜々子さん、捕獲成功!」
    まさか、ダマされた? と思ったときにはすでに遅く、雄大は発情した大型犬のように覆いかぶさり情熱的な声と指先で菜々子の心を揺さぶる。
    「ふたりきりで出張なんて、絶好のチャンスでしょ。こんなチャンス、もうないかもしれないんだから、やめるわけないでしょ?」
    熱を帯びた指先で与えられる愛撫に翻弄され、受け入れていってしまう身体。
    無邪気に菜々子への好意を伝える雄大に、奈々子は年齢差も気になって素直になれない。昔の彼氏との言葉がトラウマになっているため恋愛に臆病になるばかり。そんなとき菜々子の異動が決まり、それを知った雄大は強引に菜々子を男子更衣室に連れ込んで――!?

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル eロマンス文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • er-この恋テイクアウトで 年下ワンコの発情宣言[3]
  • er-この恋テイクアウトで 年下ワンコの発情宣言[3]

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中