ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 飽くなき欲の秘蹟

  • 飽くなき欲の秘蹟

電子書籍版

飽くなき欲の秘蹟

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2015年07月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    296
  • デジタルコンテンツタイトル名
    飽くなき欲の秘蹟
  • ISBN
    978-4-09-451559-6
  • 発売日
    2015年07月31日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

590 (税込:637

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • もしかしてお姉さん、異能持ちですか?

    僕――世杉見識は目を放すとすぐサボる、意識の低いアルバイトである。自慢することではない。
    バイト開始当初は、「能転売業なんてうさんくさ過ぎる、すぐに逃げよう」なんて思っていたけど、異能関係者は変わっている人が多くて、ちょっと楽しいと感じている。
    異能というのは――超能力とか秘蹟とか、そんな呼ばれ方をする、とにかく不思議な力のことだ。それは人の願いと共に現れ、いつのまにか消えていく、一時の奇跡である。
    そう稀少なものでもないが、誰もが自由に手にできるわけではない。
    だから、持たない者は皆こう言う――自分も欲しい。
    欲しいと思う人がいるのなら、そこにビジネスチャンスは生まれる。
    異能を売りたい人と、異能が欲しい人を結ぶお仕事――異能転売業はこうして成立した。
    僕の働く秘蹟商会もそんな異能転売業社の一つである。
    店舗は埼玉の片隅にある古い建物。働いているのは店長とアルバイトの僕二人だけ。まだまだ規模は小さいが、明日の成功を夢見て僕らは日夜奮闘している。

    「さてと・・・・・・
    ポンコツかわいい店長のために、異能力保有者を捜しに行きますか」

    第6回小学館ライトノベル大賞審査員賞受賞作。

    ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ガガガ文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 飽くなき欲の秘蹟
  • 飽くなき欲の秘蹟

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中