ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 不戦無敵の影殺師5

  • 不戦無敵の影殺師5

電子書籍版

不戦無敵の影殺師5

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2015年07月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    296
  • デジタルコンテンツタイトル名
    不戦無敵の影殺師
  • ISBN
    978-4-09-451564-0
  • 発売日
    2015年07月31日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

590 (税込:637

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 小手毬がいなくなったら、俺は――

     「異能力制限法」により異能力者はすべて社会から管理され、戦う機会が奪われた現代。

     俺――冬川朱雀と相棒の少女・小手毬は無能力者との戦いが終わり、いつもどおりの生活に戻れると思った。しかしその矢先、小手毬が血を吐いて倒れた。そして意識を失い、俺の隣に眠っている。どうかこれを眠りだと、定義させてほしい。たとえ息をしていなくたって、眠りと言わせてほしい。ふとももに小手毬の重さを感じているから、よりそう思えるのかもしれない。小手毬の重さは意識がなくても変わらない。あいつの頭の重さが俺の脚を支配する。

     どうして、お前の首元、こんなに冷たいんだよ――。
     誰かを倒せば小手毬が目を覚ますのか? 
     ――そんな敵は存在していない。
     最強を目指してあれだけ悩んで、戦って、傷ついた。
     強くなった。なのに俺にはなにもできない。

     俺が何をすれば、小手毬が戻ってくるんだよ! 
     ・・・・・・誰か、教えてくれ――。

     無能力者との戦いの末に、煌霊でも人間でもない状態に陥った小手毬。果たして彼女を救う手段は存在するのか――。予想外の展開をみせる異能力リアルアクション第5弾!

    ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ガガガ文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 不戦無敵の影殺師5
  • 不戦無敵の影殺師5

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中