ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 銃とウサギとツインテール(桜ノ杜ぶんこ)

  • 銃とウサギとツインテール(桜ノ杜ぶんこ)

電子書籍版

銃とウサギとツインテール(桜ノ杜ぶんこ)

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2015年04月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    銃とウサギとツインテール(桜ノ杜ぶんこ)
  • ISBN
    978-4-89199-314-6
  • 発売日
    2015年06月12日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

600 (税込:648

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ある実験都市、真一市。この都市では銃の携帯を許可された学園があった。
    当然、銃を持ち、悪さを働く奴らも現れた。一般人ではもちろん歯が立たず、法でも裁けず、見て見ぬふりをするしかない状況で、多くの人が泣いていた……。
    そんな中、権力にも暴力にも屈せず、悠然とそれらに立ち向かう4人の少女達がいた。各々得意な銃器を片手に、人知れず難事件を非常識な方法で解決する彼女たち。4人がみなツインテールであることから、人々は彼女たちを『灼熱の兎(ヒーターラビット)』というようになり、都市伝説となった──。
    雑誌社で働く天野 澄緒は、26歳であるが、童顔な外面もあって、まさしく女子高生のようだった。
    ドジな澄緒は大人としてしてはいけないミスをしてしまい、都市伝説『灼熱の兎(ヒーターラビット)』を取り扱うことに……。
    『灼熱の兎(ヒーターラビット)』の調査を進めると、銃の扱いを学ぶ学校のとある事件を知る。
    童顔な澄緒は、童顔さをいかし、学校に潜入取材をするのだが、とある罠が待ち構えているのであった。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 桜ノ杜ぶんこ
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 銃とウサギとツインテール(桜ノ杜ぶんこ)
  • 銃とウサギとツインテール(桜ノ杜ぶんこ)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中