ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 桜ノ杜ぶんこ 戦国ぼっち7

  • 桜ノ杜ぶんこ 戦国ぼっち7

電子書籍版

桜ノ杜ぶんこ 戦国ぼっち7

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2015年04月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    戦国ぼっち
  • ISBN
    978-4-89199-313-9
  • 発売日
    2015年06月12日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

500 (税込:540

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「三好麗というおなごはんは生きておいでや。今頃は京の都に着いていなさるやろう」
    悲しみに明け暮れる一郎太たちの前に、巫女姿の少女・雀憐が衝撃の事実を告げる。雀憐の話では、霊験あらたかなる巫女・十六夜が麗を助け、京の都に向かっているとのことだった。
    一行は雀憐と共に京へ急ぐ。天下人・秀吉にまみえた一郎太は、光る魔物──“鬼火猩々”が都人を襲う事件が多発しており、しかも十六夜と麗も事件に巻きこまれたことを聞く。一郎太は秀吉から事件解決を託されるのだが、そこには都を取り巻く大きな陰謀が進行しているのだった……。
    【京の光る魔物事件 前編】

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 桜ノ杜ぶんこ
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 桜ノ杜ぶんこ 戦国ぼっち7
  • 桜ノ杜ぶんこ 戦国ぼっち7

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中