ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • フットボールサミット第28回 モンテディオ山形 おらだの誇り

  • フットボールサミット第28回 モンテディオ山形 おらだの誇り

電子書籍版

フットボールサミット第28回 モンテディオ山形 おらだの誇り

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2015年03月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    232
  • デジタルコンテンツタイトル名
    フットボールサミット第28回 モンテディオ山形 おらだの誇り
  • ISBN
    978-4-86255-297-6
  • 発売日
    2015年06月05日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,170 (税込:1,264

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • サッカー界の重要テーマを多士済々の論客とともに議論する
    2015年、4年目となるJ1のシーズンを迎えようとしています。
    モンテディオ山形はJ1のステージに昇り、その舞台でどのようなサッカーを展開しようとしているのでしょうか。
    2014年、16年ぶりに山形の監督に就任した石崎信弘氏のもとで練られた戦術はチームに浸透し、プレーオフに駒を進めると昇格を決めた。
    さらに天皇杯で準優勝。J2に降格してから、クラブはどのような年月を経て、どのようにして結果を出すに至ったのか。
    一方で集客の面に目を向ければ、昇格元年の2009年に記録した平均12,056人から、2014年は平均6,348人まで減少するに至っています。
    昇降格を経て、モンテディオ山形はどのような変遷を辿り、現状についてどのように考え、今後どのようなビジョンを持って進んでいくのか。
    今後、クラブとしてさらに飛躍するために強化と同様に、新スタジアムの現状、経営の展開や地域とのつながりにおいて、描こうとしている将来像とは何か。
    過去から続く歴史を築いた人々、監督や選手、フロントスタッフ、OB、サポーターなど、
    様々な視点からの肉声を聞きながら、クラブの現在地とこれからの未来を徹底的に掘り下げていきます。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • フットボールサミット第28回 モンテディオ山形 おらだの誇り
  • フットボールサミット第28回 モンテディオ山形 おらだの誇り

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中