ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • iPhone・iPad企業導入ガイドライン(日経BP Next ICT選書)

  • iPhone・iPad企業導入ガイドライン(日経BP Next ICT選書)

電子書籍版

iPhone・iPad企業導入ガイドライン(日経BP Next ICT選書)

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2015年03月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    160
  • デジタルコンテンツタイトル名
    iPhone・iPad企業導入ガイドライン(日経BP Next ICT選書)
  • ISBN
    978-4-8222-2497-4
  • 発売日
    2015年05月15日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • BYODやCOPEを初めて導入-すでに導入している組織の実務担当者、必読!

    個人所有のデバイスを業務に使用する「BYOD(Bring Your Own Device)」に対する関心が高まっている。
    しかし、個人所有のデバイスのため、多様なOS への対応やバージョンに対しての管理が行き届かず
    情報漏えいリスクを抱えるなど、運用業務の負荷が増加するケースがある。

    また、会社所有のデバイスの個人利用を認める「COPE(Corporate-Owned Personally Enabled)」にも
    注目が集まり始めている。しかし、BYOD、COPEのどちらにおいても、どこでも仕事ができるようになったことで
    労務管理が曖昧になり、残業手当の支給を巡って訴訟が発生する可能性があるなど、課題は少なくない。

    本ガイドラインは、iPadやiPhone、つまりiOSが動作するスマートデバイスに絞って、
    BYOD/COPEを導入するために必要な手順について詳細に説明。
    技術的な管理策はもちろん、体制づくりやポリシー、プロセスの整備、導入を進めていく上での注意事項など
    準備・運用についても具体的に解説。スマートデバイスの企業導入の際には必読の1冊。

    目次
    【第1章】 BYOD/COPEとは?
    【第2章】 BYOD/COPE導入に向けた検討項目
    【第3章】 BYOD/COPE導入・運用プロセス
    【第4章】 BYOD/COPE展開に向けた導入・運用プロセスの例

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
掲載誌 日経BP Next ICT選書
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • iPhone・iPad企業導入ガイドライン(日経BP Next ICT選書)
  • iPhone・iPad企業導入ガイドライン(日経BP Next ICT選書)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中